APG

― 日本美術著作権機構(APG-Japan)とは

マルチメディア時代の到来に備えて、美術・写真・グラフィックアート、それぞれの著作権を擁護し、その円滑な利用を促進するため、1995年5月29日、日本美術著作権機構を設立しました。

現在は一般社団法人日本美術家連盟、一般社団法人日本写真著作権協会、日本美術著作権連合の3団体により運営されております。

― 日本美術著作権機構(APG-Japan)の事業

日本美術著作権機構の事業は、美術・写真・グラフィックアートに関する美術著作権の窓口として、利用者に対して広く、権利の所在情報その他を提供することにあります。当機構で応じきれない事項については、情報を所有している関係団体をご紹介します。なにとぞご利用ください。

お問合せ先

●一般社団法人 日本美術家連盟(JAA)
03-3542-2581 www.jaa-iaa.or.jp
●一般社団法人 日本写真著作権協会(JPCA)
03-3221-6655 www.jpca.gr.jp
●日本美術著作権連合(JAA 内)
03-3542-2581 www.jaa-iaa.or.jp

― APGデータベースについて

著作権者検索につきましては、再構築を検討中です。

ご不便をおかけして、申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
作品検索はGraphicaがご利用頂けます。